Chichibu Life【キャンプブログ】

キャンプが大好きな「たかひろ」が運営するキャンプブログ。「キャンプ」や「アウトドア」の内容や愛する地元の「秩父情報」を自由気ままに書いています。

ぐんまこどもの国で木工教室を体験!ふれあい工房で遊ぼう

ぐんまこどもの国ふれあい工房

ぐんまこどもの国には工作・陶芸を体験出来るふれあい工房があったので体験してきました。子供が自分達で工作出来るから良い経験になったよ。

木工と陶芸の2種類から選べたんだけど、私は木工にチャレンジ!どんな物が作れるかを体験した流れに沿って紹介します。

 

 

ぐんまこどもの国で体験出来るふれあい工房の魅力を紹介

 

[1]ふれあい工房で申し込み

ぐんまこどもの森ふれあい工房

こどもの国の奥の方にふれあい工房の建物があり当日申し込み順(先着20名)で体験が出来ます。

木工か陶芸かで選べ、時間も半日コース、1日コースの2種類がありました。

私は公園で遊ぶ時間も欲しいので半日コース(1時間半)で申し込んだよ。行った日は4組しかいなかったんだけど、休日は結構混むらしいので早めに予約しに行きましょう。

 

[2]自分が作りたいものを選ぶ

ぐんまこどもの森ふれあい工房

作るものによって料金が変わるんだけど、安いもので200円から作れます。

半日コースで作れるものは、キーホルダー、プリント入れ、ペン立て、レターホルダー、サイコロ、メモホルダー、コースター、ブーメラン、鉄砲など。

私は「輪ゴム銃」を500円で作りました。

ぐんまこどもの森ふれあい工房

子供達は「プリント入れ」奥さんは「ペン立て」をそれぞれ作ってみたよ。

 

 

[3]本格的な工作開始

f:id:sakuraginaoto:20190410213256j:plain

いざ工作してみると、木をヤスリで削ったり、釘を打ったり、絵を描いたりと忙しい!忙しい! 子供の手伝いをしながら自分の鉄砲を作っていたからバタバタしてたよ。

ぐんまこどもの森ふれあい工房

スタッフの方が作業手順や道具の使い方を説明してくれたので作業自体はスムーズに出来ました。 でも子供中心に作業するから子供だけに作らせて親はサポートをする方が良かったかもな。

 

[4]お絵描きタイム

ぐんまこどもの森ふれあい工房

形を作ったら絵の具で絵を描きます。好きな絵を描けて楽しいんだけど時間がない!! 想像以上にヤスリや釘打ちで時間がかかってしまった。

最後に仕上げのニスをスタッフの方に塗っていただき完成!!

 

楽しい楽しい1時間半でした。

 

ふれあい工房を体験して

短い時間だったけど思い出になる作品も出来て大満足。家だと出来ない体験だったからいい経験でした。 子供の自由研究にいいかもね。 公園で遊ぶついででもいいから是非体験してみてくださいね。

 

ふれあい工房の概要

住所

〒373-0054 群馬県太田市長手町480

営業時間

午前の部:10:30~12:00(受付9:30〜)

午後の部:13:30~15:00(受付13:00〜)

定休日

月曜、火曜、金曜

定員

先着20名

料金

200円〜

Web

ふれあい工房 | ぐんまこどもの国