Chichibu Life【キャンプブログ】

キャンプが大好きな「たかひろ」が運営するキャンプブログ。「キャンプ」や「アウトドア」の内容や愛する地元の「秩父情報」を自由気ままに書いています。

おふろcafé 白寿の湯でのんびり!癒しの空間を体験してきたよ

熊谷のお風呂カフェが良かったので今回は違う店舗に行ってみようと思い埼玉県神川町にあるお風呂cafe白寿の湯へ。

土曜日だったので混むと思い早めに入館したのでのんびり過ごすことが出来ました。 早めに行くのが正解だったね。場所が確保できてのんびり過ごす事が出来たから。

今回は家族で楽しめたお風呂cafe「白寿の湯」を紹介します。

f:id:sakuraginaoto:20190118221827j:plain

 

白寿の湯とは

埼玉県神川町にあるお風呂カフェで、お風呂、食事、漫画、雑誌、インターネトなどが楽しめる温泉施設。2016年10月にリニューアルオープンしたんだよね。

以前行った>熊谷おふろcafé bivouac(ビバーク)より規模は小さいのだけど施設は充実していて日頃の疲れを癒してくれる空間でした。

 

割引クーポンはコチラ(asoview!アソビュー)

良かったポイント

実際に行ってみて感じたポイントはこの3つ

 

[1]漫画・雑誌読み放題

f:id:sakuraginaoto:20190118224853j:plain

画像:https://ofurocafe-hakujyu.com/how-to-spend

お風呂カフェの魅力はこれだよね。漫画・雑誌が読み放題。無料Wi-Fiもあるから動画も見放題。気に入った漫画をずーーと読んでいられるので時間が経つのが早いです。

漫画は種類がたくさんあるから読み始めたらとまらない!私はキングダムを読み始めたらずーーと読み続けてしまいました。漫画喫茶の気分だったね。

画像:https://letronc-m.com/1336

 

[2]快適空間

白寿の湯

長時間いても飽きない居心地のいい空間もお風呂カフェの魅力。

雰囲気がいいから本当にリラックス出来たよ。 特にマッサージ機とコーヒー飲み放題があったから私は何時間でもいれる!と思いました。(無類のコーヒー好きなので)

 

ハンモックで揺られながら漫画を読んだり、個室のスペースで集中して漫画を読んだり。全部漫画読んでたな。 たまにお風呂入ってきたりしてのんびりダラダラ過ごせたよ。

後は有料で個室を使えたり、横になれる部屋があったり、マッサージを受けられたりと部屋のバリエーションは豊富でした。

 

[3]温泉を感じられるお風呂

画像:https://ofurocafe-hakujyu.com/ofuro

お風呂は普通の銭湯と違って特徴があって良かったよ。色が濁っているんだよね。

これは温泉の成分が堆積しているかららしいけど。

聞いた話では、

  • 地下の古生層から湧き出ている本格天然温泉
  • 関東有数の源泉濃度を誇るお湯で鉄分を多く含んでいる

らしい。正直、温泉成分とか言われても私には分からなかったんだけどね。(涙)

でも他と違う温泉だったから雰囲気が良かったよね。

 

 

白寿の湯での注意ポイント

個人的な希望が含まれるけど、注意した方がいいポイントも2個あげます。

[1]混むと場所が取れない

土日の昼から夜までは人が多いので場所が取れないのは悪い点。人が多すぎるとうるさいし狭いしストレスが溜まります。

前回行った熊谷も混んでたから全国のお風呂カフェが同じ現象なんだと思うんだけど。 お風呂入ってちょっとのんびりしたい方は問題ないけど、長時間楽しみたい人は土日はおすすめしないです。平日の昼間とかは最高だと思うよ。

 

[2]サウナがない、お風呂の数が少ない

そこまで悪かったポイントではないんだけど、個人的にはサウナが欲しかったなと思って悪い方に書きました。

後、充実している施設と比べるとお風呂の種類とかはもうちょっと多ければありがたいかな。男湯は内風呂1つと露天風呂が1つだけだったし。 女湯は糀入りの泥パックなどがあったらしいけど。

お風呂だけ入りに来る方は満足出来ないと思います。

 

お風呂カフェを楽しむポイント

お風呂cafeを2箇所(白湯の湯とcafé bivouac)いって気づいたのは、お風呂カフェを楽しむ為には場所取りが大切だということ。

土日だけしか行ったことないけど、お昼近くになるとまー混むんです。混んじゃうとまったくリラックス出来ないから、早めに行って場所を取っておくと満喫できるよ。(荷物だけ置いておおくのはダメね)

私は家族で朝から行ったけど、お風呂は交代で行くことで場所を確保出来たかな。

でも混みすぎていたから1時頃には帰ったけど。 早い者勝ちだから時間勝負!

場所が確保出来ないと行った意味がない位場所とりの大切さを感じました。

 

ぜひ参考にしてみてね。

 

 

利用料金 

 

  平日 土日祝
大人 750円 850円
子供 400円 400円
大人(夜間) 420円 200円
子供(夜間) 420円 200円

※タオルや館内着は料金に含まれておりません。

※レンタルタオル200円 館内着200円。

※価格は全て税込です。

 

概要

住所

〒367-0301 埼玉県児玉郡神川町渡瀬337-1

営業時間

10:00 - 23:00(最終受付 22時30分)

Web

おふろcafé 白寿の湯

 

割引クーポンはコチラ(asoview!アソビュー)

予約・口コミはこちら(じゃらん)