Chichibu Life 秩父の日々【キャンプブログ】

【秩父の日々】キャンプが大好きな「たかひろ」が運営するキャンプブログ。「キャンプ」や「アウトドア」の内容や愛する地元の「秩父情報」を自由気ままに書いています。

「百年の孤独」の焼酎が人気な理由を買って確かめてみた

今回買った焼酎は「百年の孤独 (ひゃくねんのこどく)」。名前がユニークなのでお酒好きの方なら一度は聞いたことがある名前だと思うんだけどプレミアム焼酎の1つなんです。

f:id:sakuraginaoto:20181024215406j:plain

前回紹介した魔王に続いて焼酎レビュー第2弾!百年の孤独がなぜ人気なのか、味はどうかを紹介するよ。

 

百年の孤独とはどんな焼酎か

f:id:sakuraginaoto:20181024212113j:plain

百年の孤独は宮崎県の株式会社黒木本店が作っている麦焼酎。麦ね麦!

普通の焼酎とはつくりが異なりウイスキーのように樽で熟成させて作っているので洋酒に近い焼酎なんです。

アルコール度数も40度と高いのが特徴です。

 

一番気になるのは何でこのネーミングにしたのか。答えは小説からとったんだとか。

ガブリエル・ガルシア=マルケスの小説『百年の孤独』と言う本があるらしい。(Wikipedia情報)

 

どんな味なのか?

実際飲んでみて最初の感想は香りが素晴らしい!ゆっくり味わって飲みたいなと思う焼酎でした。

焼酎ではなくウイスキーに近い!と聞いた事があったけどその通りかも。

麦の香りの焼酎なんだけど、焼酎独特の匂いはなかったし飲みやすかったよ。

最初は氷を入れてロックで一口飲んだんだけどやっぱり40度は強い!!40度か?と思うほどの強さは感じなかったけど飲み過ぎ注意だね。

私はお酒は強くないのでちびちび飲んでます。

 

裏に書かれている想いを読んでから飲むと味わい方が変わるから飲む前にはぜひ読んでみてね。

 

 

長期貯蔵大麦焼酎

f:id:sakuraginaoto:20181024213347j:plain

「百年の孤独」は、大麦製の焼酎を長期間貯蔵し熟成させることによって造り上げた本格焼酎の絶妙なる逸品です。

貯蔵される麦焼酎の原酒は、明治十八年創業以来受け継がれてきた百余年の伝統技術により、あくまでも手造りの麹と、選りすぐった大麦のみを原料とし、自社栽培による独自の酵母を用い、伝統の仕込みと単式蒸留方式で造り上げています。

さらにその原酒を永い間、静かにひっそりと眠り続けさせることにより、まろやかで風味豊かな焼酎へと熟成させていきます。

まさに、伝統の技と永い時の流れが生み出した本格焼酎の傑作といえます。

「百年の孤独」の琥珀色は、永い眠りの間に染み透った熟成によるものです。あくまでも自然でさわやかな透明感をもった琥珀色をしています。

「百年の孤独」の醍醐味をお愉しみいただくには、ストレート、オン・ザ・ロックス、 もしくは水割りが最適です。また冬季にはお湯割りも風味豊かです。

 

百年の孤独がなぜ人気か調べた結果分かったこと

実際に飲んでみて分かったことは、百年の孤独は「ウイスキー焼酎」という言葉がぴったりな焼酎でした。

樽で熟成させ、長い間手間暇かけてかけて造られているから深い味わいが出せるんだね。

私は今まで芋焼酎が中心んだったので、百年の孤独を飲んで焼酎の幅が広がった気がします!奥深いぜ焼酎!

値段は普通の焼酎の値段より少し高いけど、ぜひ飲んでみて下さいね。

プレゼントをする方も多いらしいので父の日とかにおすすめですよ。

 

アルコール度数 40 %
お勧めの飲み方 ロック、水割り、ストレート
メーカー名 黒木本店
原材料・成分 大麦、麦麹