Chichibu Life 秩父の日々【キャンプブログ】

【秩父の日々】キャンプが大好きな「たかひろ」が運営するキャンプブログ。「キャンプ」や「アウトドア」の内容や愛する地元の「秩父情報」を自由気ままに書いています。

新聞紙と薪で火をつけてみた。炭が無い場合の火おこし方法はこれで間違いなし!

f:id:sakuraginaoto:20170908134023j:plain

キャンプイベントに参加した時に実践した火起こし方法が以外と簡単だったから紹介します。ポイントさえおさえておけば誰でも簡単に火がつけられるよ。バーベキューの時に「あ、炭買い忘れた」とか、「着火剤忘れた」などという時は参考にしてみてね。

 

準備するもの

f:id:sakuraginaoto:20170908133309j:plain

新聞紙(枝でも可能)とチャッカマン(マッチやライターでも可)の3点。

薪は細く切っておくと最初に火が付きやすいからオススメします。

上の写真のように置いて火をつけるだけ!簡単でしょ?

 

 

火をつける際のポイント

f:id:sakuraginaoto:20170908132726j:plain

火をつけるポイントは風が吹かない場所を選ぶこと。風がないと新聞紙から薪に火をつける時に火がつきやすくなるから。

火がついたら風を送ることが必要だけどね。まずは薪に火を付けることが大切!

 

火がつけば後は薪を足していくだけ!実際にやってみたら以外と簡単に火がつきました。こんなにすぐに火が付くんだーと関心したよ。

BBQは火をつけるのに苦労するからね。「あ、炭忘れた」って方はぜひ試してみてね。

 

おわり。