Chichibu Life 秩父の日々【キャンプブログ】

【秩父の日々】キャンプが大好きな「たかひろ」が運営するキャンプブログ。「キャンプ」や「アウトドア」の内容や愛する地元の「秩父情報」を自由気ままに書いています。

キャンプフィイヤーって何の為にやるの?キャンプファイヤーの意義を考える

キャンプファイヤーで皆んなで火を囲んで歌う。これぞキャンプの醍醐味だけどそもそもキャンプファイヤーってどんな意味があるんだろう?疑問に持ったわたしは調べました。気になったらとことん調べたい性格でして。。。

f:id:sakuraginaoto:20160708100642j:plain

 

キャンプファイヤーとは?

我らのWikipedia情報によると、

<キャンプファイヤー(campfire)は、キャンプで焚き火を囲んで行われる行事である。集い・儀式的な要素を持つものをそう呼び、単にキャンプで焚かれるというだけの火は、キャンプファイヤーとは呼ばない。

え?夜に仲間と薪に火をつけて語り合っていたのはキャンプファイヤーじゃないの?と思った人!そうなんです。キャンプファイヤーは語り合う為に火を囲んでやるものではないんだよね。

儀式なんです!

 

でもね、火を囲んで皆んなが楽しめる事はキャンプファイヤーと言っていいと思うんだよね。今まで勝手にそう呼んできたし。うん。これもキャンプファイヤーにしよう!(笑)

 

キャンプファイヤーは何が目的なのか?

諸説は色々あるんだけど

 

  • 神への崇拝(昔の考え方だね)
  • 火を囲み自然を感じる
  • 仲間とレクリエーションを行い一体感をつくる
  • 非日常を体験する

 

などなど。

ボウイスカウトとかはしっかりとした目的があると思うんだけど、わたしの考えは、普通の生活では味わえない「自然の中で火を囲んで仲間と楽しむ」これこそがキャンプファイヤーの最大の目的じゃないかな。と考えます。

 

 

これがキャンプファイヤーだ!

皆んなで火を囲んで歌う事は一体感が生まれるし、非日常の体験だから思い出にもなるよね。だからキャンプに行ったら絶対に火を囲んで欲しいんです。

楽しければそれでいい!そんな考えを持つ私ですが、これこそキャンプファイヤーだ!と思った2つの経験を紹介します。

 

[1]火を囲んで皆んなで歌をうたう

f:id:sakuraginaoto:20160708100848j:plain

小学校時代に体験したキャンプファイヤー。たぶん学校で行ったんだけど、学年全員で火を囲んで歌を歌う。これがキャンプファイヤーだ!と初めて感じた体験でした。

 

[2]火を囲んで語り合う

f:id:sakuraginaoto:20160708101140j:plain

大人になると皆んなで歌う事はないと思うんだけど、薪を積み上げて火を囲んで語り合う。これもキャンプファイヤーになると思うんだよね。キャンプの醍醐味のひつとです。

 

 

「自然の中で火を囲んで仲間と楽しむ」

この考えがあれば、キャンプファイヤーなんじゃないかな。儀式とかかたい考えはやめてさ。せっかくのキャンプだしね。 ぜひキャンプファイヤーを体験してね。

 

ちなみに、キャンプファイヤーが出来るキャンプ場なら全て用意してくれるから安心だよ。