読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chichibu Life 秩父の日々【キャンプブログ】

【秩父の日々】キャンプが大好きな「たかひろ」が運営するキャンプブログ。「キャンプ」や「アウトドア」の内容や愛する地元の「秩父情報」を自由気ままに書いています。

昔ながらの銭湯「クラブ湯」の魅力!これが日本の銭湯だ!

秩父温泉 秩父情報 lifehack

秩父の温泉をまわってみよう。と思って友達に教えてもらった銭湯がものすごいレトロ!

f:id:sakuraginaoto:20160501213352j:plain

最近だと、銭湯といえば大きなお風呂でサウナとかあって、、、なんてお風呂を思い浮かべるけど、わたしの考えが間違っていたな。銭湯と言えばこれ!という昔ながらの銭湯を体験してきました。

 

秩父駅付近にある「クラブ湯」。これが『THE銭湯』

秩父線の御花畑駅付近にある銭湯「クラブ湯」。道を歩いていても気付かないくらいの存在感だったけど、中に入って見て感動!「こ、これが銭湯だーーー!」と心が叫んだよね。

f:id:sakuraginaoto:20160501213728j:plain

 

入り口はこんな感じ。男女が分かれているんだよ。

f:id:sakuraginaoto:20160501213831j:plain

 

番台があり、お母さんが笑顔で迎えてくれます。

f:id:sakuraginaoto:20160501215001j:plain

 

画像:http://iiday-sangakukainihonshibu.doorblog.jp/archives/2015-04-14.html

 

ソファーが1つとドリンク入れる冷蔵庫が1つ。あとは、カゴがあるくらいだったかな。

お風呂は小さいけど、きれいだったよ。熱めのお湯だったからすぐのぼせたけどね。

何人か近所の人たちがいて、地元から愛されている銭湯なんだなーと感じました。

f:id:sakuraginaoto:20160501213352j:plain

 

これがいい!桶は昔ながらのケロリン。

f:id:sakuraginaoto:20160501215435j:plain

料金もこんな感じ。

大人370円。分かりやすい料金表(笑)

f:id:sakuraginaoto:20160501215050j:plain

 

銭湯の魅力を再発見

今では数少なくなってきた昔ながらの銭湯が近所にあっただけで嬉しかったし、お風呂に入っていて感じる雰囲気がとても癒されました。観光気分だったよ。秩父にはいい温泉がたくさんあるけど、「クラブ湯」が今まで一番癒されましたわ。またいこー。

 

住所 〒368-0042 埼玉県秩父市東町12-16
営業時間 15:00~22:00
電話番号 0494-22-2744
休業日 月曜日
アクセス 秩父鉄道「御花畑駅」徒歩5分