Chichibu Life 秩父の日々【キャンプブログ】

【秩父の日々】キャンプが大好きな「たかひろ」が運営するキャンプブログ。「キャンプ」や「アウトドア」の内容や愛する地元の「秩父情報」を自由気ままに書いています。

プレミア焼酎「魔王」がなぜ人気なのか買って確かめてみた

f:id:sakuraginaoto:20160403093617j:image

最近焼酎にはまっています。焼酎の酒類って数多くあるけど、やはり有名な焼酎は味わっておかなければ。そんな中で酒屋さんに行ったら伝説の焼酎「魔王」があったから即買い。

 

プレミア焼酎 魔王の魅力

魔王とは、鹿児島県の白玉醸造さんが発売している芋焼酎の銘柄で、アルコール度数は25度。いまではプレミア焼酎の1つと言われています。
 
 
3Mってご存知ですか?プレミア焼酎の中でも人気の銘柄をまとめた入手困難な焼酎の総称です。
  • 森伊蔵
  • 村尾
  • 魔王
魔王も入っているよ。それだけプレミアだって事だよね。東京で焼酎頼むと1杯1,000円以上するからね。
 

なぜ魔王と名付けられたのか?

魔王って名前がびっくりするけど、なぜこんな名前になったのか?
樽で熟成される際、蒸発によって失われる天使の取り分に関わる天使を誘惑し魔界へ酒をもたらす悪魔にちなんで命名されました。
名前のインパクトがあるからすぐ覚えられるよね。 
 

魔王の味は?

わたしが飲んだ印象は『飲みやすい焼酎』。芋臭さもなく、スーーッと口の中に焼酎の味わいが広がりました。口コミとかをみると、フルーティな飲み口が特徴って書いてあったね。
 
魔王のラベルにはこんな文字が。
ウイスキー・ブランデー等の長期間、樽に貯蔵する洋酒は呼吸作用等の熟成の為、少しずつ原酒の量が減少していき、そのお酒を昔より「天使の分けまえ」と呼び、貴重で縁起の良い酒とされてきました。
本格焼酎『魔王』は天使を誘惑し、魔界へ最高の酒を調達する悪魔たちによって、もたらされた特別のお酒という意味で命名致しました。
熟成酒ならではの飲みあきのしない穏やかな風味が、グラス越しに時の雄大さを知る。華やかに香り立ち、豊かな余韻を残す酒。まさに名門の粋。今宵も受け継がれるロマンの一滴。
 
f:id:sakuraginaoto:20160403102357j:image

 

魔王がなぜ人気なのかを調べた結果

魔王は、フルーティな飲み口の為、芋臭くておじさんの飲みものであった焼酎のイメージを変えたと言われています。また、魔王の仕込みには通常の焼酎と違い、日本酒に使用する黄麹を使用しているんです。芋臭くない焼酎の秘密はこの麹にあったんだね。
この飲みやすさが人気の秘密なんだなと思いました。出荷したらすぐにお店などの入荷されるため、個人には出回らないと言われていましたが、ネットで見ると結構出てる(笑)飲みやすい焼酎の魔王をぜひ飲んでみてね。

 

アルコール度数 25 %
梱包サイズ 30 x 8 x 7 cm
メーカー名 白玉醸造
原材料・成分 芋、米麹