Chichibu Life 秩父の日々【キャンプブログ】

【秩父の日々】キャンプが大好きな「たかひろ」が運営するキャンプブログ。「キャンプ」や「アウトドア」の内容や愛する地元の「秩父情報」を自由気ままに書いています。

秩父ファーマーズファクトリが自社ワイナリー「兎田ワイナリー」をオープン!

こんばんは。
 
秩父にまた新しい施設がオープンしました!
何かって?
 
な、なんと!
 
ワイナリー!
 
お、おしゃれ(=゚ω゚)ノ
 

兎田ワイナリーオープン

秩父産のブドウだけを使ってワインを生産している秩父市秩父ファーマーズファクトリーが18日、下吉田にワインを醸造する自社ワイナリー「兎田ワイナリー」をオープンしました。


f:id:sakuraginaoto:20150822103752j:plain

 
ワイナリーは木造平屋で、延べ床面積は283平方メートル。隣地には約2ヘクタールの自社農園を持ち、マスカット・ベリーAやメルローなどのブドウを栽培しています。
契約農家からもブドウを仕入れ、来年は2万5千本、再来年は4万本のワインを生産予定。近くには「釜の上農園村レストラン」もオープンしており、同社のワインが食事と一緒に味わえるそうです。
 
なんと素敵な事でしょう( ̄^ ̄)ゞ
 

f:id:sakuraginaoto:20150822103803j:plain

秩父はぶどうを育てるのに最適な環境みたいです。

秩父は昼夜の気温差が激しく、特に夜の気温が低くなるとぶどうの糖度が高まり、着色もよくなることから、ワイン用ぶどうの栽培好適地と言えるそう。
 

f:id:sakuraginaoto:20150822103810j:plain

 
全然知らなかった。
 
 

秩父産ワインの特徴

寒暖の激しい秩父の気候が向いていると言われているヨーロッパ系のぶどう品種マスカットベリーAは果実味が凝縮したイチゴジャムのような香りが愉しめます。
 
フランス・ロワール地方で伝統的に製造されているシュール・リー製法を導入し、ワインとオリをフレンチ・オークにて6ヶ月~1年ほど熟成させます。発酵によって生じる微量の炭酸ガスとオリのもつアミノ酸など、色々なうまみ成分が加わってコクのある味わいをお愉しみいただけます。
 
住所
ワイナリー
〒369-1503
埼玉県秩父市下吉田字兎田3720
レストラン
〒369-1503
埼玉県秩父市下吉田3942
 
 
電話
ワイナリー
0494-26-7173(受付10:00~17:00)
レストラン
0494-77-1123
 
定休日
月曜日
 
営業時間
レストランは11:00~15:00
金・土・日曜日は11:00~15:00
17:00~20:00(ラストオーダー)